2010年10月26日

COP10に出席

 本日、名古屋国際会議場で開催中のCOP10における「生物多様性に関する国会議員会合」第2日に出席いたしました。
朝6時に家を出て、9時からの会議に臨み、13時には失礼して国会へ、というスケジュールでしたが、日本開催のCOP10に何とか駆けつけることができました。(写真は新幹線からの秋空です名古屋の空(2010.10.26).jpgCOP10.JPG

 約200名の各国議員が「海洋環境」「熱帯雨林」などにおける環境破壊・気候変動から生物多様性をどのように守るか熱心な議論が行われました。
 今日の会議の冒頭、日本・自民党の吉野衆議院議員(会議の共同議長)が次のように挨拶。
 「地球が誕生して46億年。それを1年に例えると、地球の誕生は1月1日、生命が誕生したのは2月26日、恐竜の誕生は12月13日、恐竜滅亡は26日の8時17分、類人猿の誕生は12月31日10時。人類の誕生は31日23時37分にあたります」と。
 地質学からみると、瞬きするような短い人類の歴史です。その人類が美しい地球を破壊するのか、英知を結集して守るのか、大きな分かれ道に立っています。

 海洋環境を守るために、過剰漁業(乱獲)、汚染、気候変動、外来種の観点から議論。

 また、熱帯雨林については、森林火災により、毎年日本の2倍の面積が消失。多発地域はアマゾン、中央・南アフリカ、東南アジア、シベリア、オーストラリアですが、土壌まで消失するために再生は不可能で、砂漠化が拡大します。また、放出されるCO2の量は、60億〜150億トンと推計されてます。防災のために「センチネルアジア」(最新の情報工学を活用して各国衛星関連機関と防災機関との共同作業を行うボランティア組織)が2006年に設置され、世界的な「センチネルアース」に拡大すべきとの提案もなされました(アリゾナ大学・福田正己氏)。

 明日からは、閣僚級会合がスタート。先進国と途上国の意見の相違による、多くの懸案を政治主導で解決し、「名古屋議定書」が取りまとめられることを祈ります。
 

 
 
posted by 高木美智代 at 18:10| 日記 | 更新情報をチェックする

深海底鉱物資源探査船「第2白嶺丸」を視察

101025深海底鉱物資源探査専用船視察4.jpg101025深海底鉱物資源探査専用船.jpg101025深海底鉱物資源探査専用船視察・松さん.jpg 昨日、井上義久幹事長と松あきら経済産業部会長とともに、千葉県船橋市・国際埠頭で、深海底鉱物資源探査船「第2白嶺丸」を視察しました。

 レアアース(希土類)などの鉱物資源の安定確保に向け、日本近海の海底資源の可能性を探ることが目的。東京の伊豆諸島・小笠原海域にも良質な資源があるという話もありますが、薄い層であり、チムニー(海底熱水鉱床でできる柱状の副産物)が倒れたものではないかとみているとのことでした。残念!

 「第2白嶺丸」を所有するJOGMEC(独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」)から、同船の設備や海底資源調査の現状について説明を受けた後、船内を見学しました。

 白嶺丸は30年が経過し、老朽化のため、新探査船を製造中です。さ来年には進水予定。最後となった昨年の第1次補正予算で確保した200億円で造船し、本年度の補正予算の50億円で装備を完成させるとのこと。
 日本は海洋立国ですから、海底資源の持つ可能性について、環境破壊を招くことなく、方針を明確にして取り組むことが重要だと思いました。

101025深海底鉱物資源探査専用船視察・機械.jpg
posted by 高木美智代 at 17:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

大江戸神輿祭り

G101010第八回大江戸神輿まつり4人.JPG
101010第八回大江戸神輿まつり2010__ブログ用・_.JPG 朝までの雨をはねのけて、第8回大江戸神輿祭りが江東区・木場公園で盛大に開催されました。
 関東一円、岐阜からも神輿が集結。品川の伊藤興一都議と駆けつけ、挨拶をさせて頂きました。小倉の祇園太鼓を聞いて育った私は、心ときめきます。わっしょい、わっしょいの掛け声、いなせな若衆、粋な女性の担ぎ手…祭りは、人との絆や地域の支え合いをつくり、日本の伝統文化を守るものです。
 ますますのご活躍をお祈りいたします。
posted by 高木美智代 at 21:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

報道は事実無根

 昨日と本日の2日間、読売新聞が「公明党は29日、政府が臨時国会に提出する2010年度補正予算案に賛成する方向で調整に入った」等と報じたことに対し、本日、山口代表は、「事実無根」と否定しました。

 斉藤政調会長の話によれば、27日(月)に民主党政調会長から電話があり、去る9日に野党5党で官邸に申し入れした緊急経済対策について、オープンな場で、各党の案を詳しく聞きたい、とのことだった。自民党も受けることを確認し、昨日14時半自民党、16時10分公明党と決定した。しかし、その後、自民党は、「予算委員会で追及しようとしている時に、話し合いに応じるべきではない」と延期したので、わが党も延期した、という内容です。
 
 現在、協議といっても、政府補正予算案の中身もわからない状況。その段階で、政府の専権事項である補正予算編成に我々野党が関わることになれば、責任も負うことになるわけで、私たちがやるべきことではないといえます。政府は早急に案をまとめて国民に提示し、その上で、議論して修正する立場をとるべきです。

 報道操作に乗じられることのないよう注意を払ってまいります。
 
posted by 高木美智代 at 15:15| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

内閣委員会で沖縄視察へ

 CIMG3792.JPG16・17日の2日間、衆議院内閣委員会の委員派遣として、沖縄視察に行きました。

 1日目は、宮古島で、沖縄電力のマイクログリッド施設を訪問。
 マイクログリッドとは、地域内で、複数の分散型電源(太陽光、風力、バイオマス発電など)と電力貯蔵設備(蓄電池)と制御装置を組み合わせてネットワーク化し、エネルギーを供給するシステムのことです。
 島ではディーゼル発電のコストが高いため、メガソーラーと風力などの再生可能エネルギーを導入し、火力は最低限のバックアップにし、系統安定化策や経済性などについてデータを得るための実証事業を行っています。(昨年度補正予算での、離島向けの56億円を活用)
 
 福里の「地下ダム」も見ました。常に水不足に悩まされる沖縄では、農業のための水資源の確保は重要な課題です。
 雨水は、地表の下の石灰層を通り、さらに下の堅い岩盤の上を流れていきます。
 そこで、石灰層に水を通さない壁を作って、地下水の流れをせき止め、活用することを考案したのです。
 全国では、18か所に設置されています。

 途中、東平安名崎を訪問。田中けいしゅう内閣委員会委員長を囲み、各党の理事の代表で記念撮影をしました。このメンバーを中心に、通常国会で国家公務員法改正案を巡って与野党間で長い戦いを展開。歴史的な写真です。

 2日目は、沖縄科学技術研究基盤整備機構、首里城、認可外保育所(城下保育園)を視察しました。
 多くの宿題を頂きました。解決へ、しっかりと取り組んでまいります。






posted by 高木美智代 at 22:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

北海道・障がい者フォーラムに出席

100911北海道フォーラム__8_.JPG100911北海道フォーラム__14_.JPG 11日、北海道手をつなぐ育成会、北海道知的障がい福祉協会、全国地域生活支援ネットワークなどの団体による、北海道フォーラムに、民主・園田康博衆議院議員、自民・衛藤晟一参議院議員と出席。
 「どうなる?これからの障害福祉!!」をテーマに意見を戦わせました。
 
 結論として、総合福祉法の議論を見守りつつも、二度にわたって廃案となった障害者自立支援法の改正案(通称・つなぎ法案)を成立させなければ、この間3年間も、制度改革を放置することになる、前に進めようと確認し合いました。

 園田議員、衛藤議員と私の3人は、フォーラムの前に、千歳空港から札幌市「この実支援センター」に直行し、視察を。知的障害者の収容施設として35年間続いた「この実寮」は2年前に廃止され、「この実支援センター」に。重度障害者をふくめ、地域移行させたのです。
 中心となって進めてきた加藤孝代表の「福祉の屯田兵」としての熱い戦いに感服しました。私も負けずに頑張ります。
 昼食の大きなおにぎり、ありがとうございました。
 
 詳細は、公明新聞「女性議員ブログ」(9月21日掲載予定)に書きましたので、ご一読頂けましたら幸いです。
 準備にあたって下さった皆様、遠方からお運び下さった皆さま、本当にありがとうございました。
  

 
posted by 高木美智代 at 22:17| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

児童虐待防止について質問に立ちました

 国会には、閉会中審査という制度があり、国会閉会中であっても緊急を要する事案が生じた場合、委員会を開催し、審議を行います。

 所属する「青少年問題に関する特別委員会」では、先日の大阪の事件をふまえて、本日、閉会中審査を行い、その質問に立ちました。

 この事件は、去る7月30日、異臭がすると通報があり、大阪市西区のマンションで、3歳と2歳の2児の変死体が見つかったものです。
 それ以前、住人から3回にわたり3月30日、4月8日、5月18日に児童相談所に通告がありました。児相が48時間以内に安否を確認するルールに基づき、5回訪問するも居住者を特定できず、会えず、不在連絡票を投函。その後のフォローがなされないまま、遺体が発見されることとなりました。

 私は、1、担当の荒井大臣に対して、政府を挙げて児童虐待死ゼロへ、とり組むべき。2.警察との連携を強化すべき。3、相談事業の拡充を。4、児相の長すぎる全国共通ダイヤルをわかりやすく変えるべき、との質問を行いました。
 
今回の事例では、多くのマスコミ報道によって、臨検捜索(強制立ち入り調査)が使い勝手良くできるよう、申請の煩雑さを改善すべき、など言われています。憲法35条の住居の不可侵との兼ね合いで、多くの議論があり、たやすく使えなくなっています。この3年間で実施はわずか3件。私は、それでいいのではないかと考えます。

 実は、その前にできることが多くあります。
 まず、知事から保護者に対し出頭要求(氏名等がわからなくてもできるようにすべきと質問したところ、「する」との政務官答弁でした)
 また、警察に援助を依頼し、立ち入り調査。警察は捜査の多くのスキルを持っています。福祉の児相は警察に協力を要請すればいいのです。その連携がカギです。
 しかし、現状は、19年改正の時に臨検を導入して以来、警察への援助以来・同行の立ち入り調査は激減しています。
 今回の事例もこれで十分対応できたはずです。私は、連携の強化を強く要請しました。

 一方で、親たちの「育児不安」「孤立」が虐待の一因ですが、「お母さんがしっかりしないから」と言われたくないばかりに、支援から遠ざかる保護者も多くいます。
 死亡事例で児相がかかわったのは、わずか11%。わが党も「こんにちは赤ちゃん事業」など、強制的に訪問し、おそれのある家庭を早期に掌握することを進めてきました。その拡充も強く求めたところです。ただ、今回のように住民登録もない場合は、この対象になりません。

 絆が失われ、分断される社会にあって、犠牲になる小さな命を何としても救うため、これからも懸命に取り組んでまいります。

 
posted by 高木美智代 at 19:04| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

連日、夏祭り!

 連日、夏祭り(盆踊り)大会が続いています。下町は、お祭りが大好き。一日、5会場平均で伺っています。

 会場では、運営にあたる町会の方々お一人お一人にご挨拶と御礼を。次に場内を回って支持者の方々に御礼を。途中、好意的そうな方々に名刺をお渡ししてご挨拶。そのあとは、盆踊りの輪に入ってご婦人たちと一緒に2〜3曲踊ります。時折、マイクで挨拶させて頂くことも。

 東京音頭、大東京音頭、炭坑節、深川音頭、ずんぱ音頭、きよしのずんどこ節、才太郎節、あられちゃん音頭はレパートリーになりました。
 
 汗びっしょりになりますが、顔の見える議員になることが大事です。次の新しい勝利へ、頑張ります! 
 
posted by 高木美智代 at 22:19| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

国家戦略局が後退!

 昨日、内閣委員会で、新大臣の所信の挨拶に対する質疑を行いました。

 仙谷官房長官、荒井国家戦略担当大臣、玄葉大臣、蓮舫大臣の4人が対象ですが、また菅政権が迷走を始めた「国家戦略局」の縮小について、質問をしました。
 昨年の政権交代の目玉であったわけですが、突然「政策調整はやらず、総理直属のシンクタンク機能に重点を置く」とのこと。
 これまでは、「経済全般の運営の基本方針、財政運営の基本、租税に関する政策の基本及び予算編成の基本方針の企画及び立案並びに総合調整に関する事務」としていました。

 問題点の第一は、縮小はマニフェスト違反ではないのかということです。
仙谷長官は、何も内容は変わっていない、と強弁。しかし、総合調整は行わない、との答弁でしたので、「機能変更であれば法律を取り下げるべき」と主張しました。
 本日付の毎日新聞朝刊には、「一方、公明党の高木美智代氏は『撤回して出し直すべきだ』と指摘した」と掲載。
 打ち上げ花火を約束しながら、線香花火で終わらせるようなものです。

 第二は、総理補佐官で足りないのか。シンクタンクなら、大臣を置く必要はありません。
 第三は、経済財政諮問会議を廃止して、国家戦略局を設置するわけですが、経済財政諮問会議は議事録も残されており、政策決定のプロセスも透明化されていました。政策決定の密室化に戻ることが懸念されます。

 今回の縮小は、荒井キャミソール大臣が信用を落として、菅さんは荒井さんを隠そうとした、と見てとれます。
 これから、だれがどのようにして国家戦略を検討していくのかも不明です。
 また、マニフェストが後退しました。

 
 
 
posted by 高木美智代 at 16:25| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

アンディー・シ―博士来日

100730発達障害議連アンディーシー博士講演__12_.JPG アメリカに本部がある世界的な自閉症支援団体(Autism Speaks)の副代表の博士が来日され、懇談会を開催しました。

 Autism Speaksは、国連で世界自閉症啓発デーを認めさせた影響力のある当事者団体で、今年2月には、フィリピンにおいて、共催の国際会議が開催されています。

 日本においても国際会議等の開催の可否のリサーチを含め、研究者・専門家との意見交換、政府要人及び発達障害支援を考える議員連盟の代表との懇談が行われました。
 
 議員連盟役員との懇談会では、渡部恒三会長、谷博之幹事長、園田康博事務局次長、馳 浩議員、事務局長の私が出席。、
 アンディ・シン博士は、親善大使がオノ・ヨーコ氏であることから、来日の上で、日本での会議が開催されることを希望されていました。
 日本では、関係者が地道に調査・研究に取り組んでこられています。世界と連携することにより、日本の優れた成果を世界に発信し、貢献できることを確認しました。
posted by 高木美智代 at 21:08| 日記 | 更新情報をチェックする