2013年03月03日

今日は「桃の節句」

 ご無沙汰しています。
 北日本を中心に荒れた天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 今日は、桃の節句。我が家も二人の娘たちのために、1週間前の深夜、おひな様を久しぶりに飾りました。穏やかなお内裏様とおひな様のお顔に、心が豊かになります。
 
 七草の節句(1月7日)、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕の節句(7月7日)、重陽の節句(9月9日)を五節句といいますが、1年のリズムを作り、季節の節目として古(いにしえ)から伝えられてきた伝統と文化を大切にしたいものです。

 それにしても多忙を極める日々です。これまでの政調副会長、内閣部会長、女性委員会副委員長などに加え、国対副委員長、市民活動委員長、復興特別委員会理事となりました。
 特に内閣部会長は、所管分野が広く、内閣官房・内閣府・警察庁・消費者庁・宮内庁など、12大臣が相手です。
 政策として今抱えているのは、昨年の社会保障と税の一体改革で私がまとめた「子ども・子育て支援」、今国会に提出されたマイナンバー法案、検討を進めている「障がい者差別禁止法」制定、自転車事故問題対策、女性の健康支援などがあります。
 また、福島県支援チーム副責任者として通い続け、ご要望の実現に取り組んでいます。
 
 皆様のお陰で、太田国土交通大臣、厚労・桝屋副大臣、経産・赤羽副大臣、復興・浜田副大臣、財務・竹内大臣政務官、農水・稲津政務官、環境・秋野政務官、計7名が誕生。また、新しい優秀な方たちが当選され、新しい党の息吹が生まれています。

 皆さまとお約束した復興の加速化、景気経済の回復などを迅速に進めるため、今お応えせずして、できる時はないとの決意で頑張りぬいてまいります。 
 
posted by 高木美智代 at 16:44| 日記 | 更新情報をチェックする