2012年11月26日

「女性が日本を救う」

 10月に発表された「男女の社会的格差」についての調査結果では、135か国中、日本は101位、主要国の中では最も低い順位です。
 これは、国会議員や企業の経営者などに女性が少ないことを表しており、わが国が遅れているというより、他の国が男女共同参画に積極的に取り組んできた結果といえるようです。

 先日、男女共同参画と女性の地位向上を推進する、国連の女性分野の専門機関「UNウィメン」のミチェル・バチェレ初代事務局長が、来日され、お会いしました。
 チリの元大統領であり、子育てをしながら、大臣等も歴任してきた氏は、次のように強調されました。
 日本の大きな問題は、6割の女性が出産後仕事を辞めるということであり、その300万人もの女性が仕事に就けば、日本のGDPは、1.5%上昇する。今やどの国も男性・女性の両方が生みだす創造性や革新性なくして発展はありません、と。

 公明党の約3000名の地方議員という数は、政党でトップであり、その約3割が女性議員です。
 女性議員でなければできない女性のための政策を、各党の先頭に立って、子育て支援、女性の健康支援など進めてまいりました。

 政治評論家の森田実氏はご自身のコラムの中で、「公明党は女性が最も活躍している政党である」「地域の恵まれざる人々のために献身的に働いている。地域の人々から尊敬を集めている女性議員は少なくない。ほとんどが普通の主婦であり、主婦の感覚をもって政治活動を行っている」「女性政治家が日本を担う時代の到来を私は願っている」と女性パワーに期待を寄せて下さっています。

 「女性が日本を救う」といわれる時代。にもかかわらず、第三極と言われる政党には、女性の影はうすく、女性政策は見当たりません。今回の総選挙では、女性の活用を争点の一つにすべきと考えます。
posted by 高木美智代 at 20:31| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。