2011年05月13日

空っぽになった菅政権

 東日本大震災の対策と今後の復旧ビジョン作りに総力をあげています。

 昨日、政府は「政治主導確立法案」を取り下げることを閣議決定し、同日、衆議院本会議で了承されました。この法案には、内閣の総理補佐官等の増員のみならず、「国家戦略局」(現在国家戦略室―玄葉担当大臣)と「行政刷新会議」(蓮舫担当大臣)の設置が盛り込まれ、政治主導を掲げる民主党政権の"1丁目1番地”でした。
 その法案を取り下げるということは、現在のお二人の大臣の存在に対して法的根拠がなくなることになります。

 本日、新たに閣僚の増員を盛り込んだ内閣法の改正案を閣議決定し、国会に提出するとのことですが、復興担当大臣をこのお二人のどちらかが担当なされば増員の必要ないのではないでしょうか。

 子ども手当法案もすでに取り下げ、天下りの根絶も逆に増えるばかり。普天間も移設困難。高速道路料金無料化も断念。民主党政権って、何だったのでしょう。

 浜岡原発を法的根拠なく「要請」によって止めました。法的根拠がないということは、たとえば今後、原発の点検終了後に再稼働させる時、もし県知事が停止を要請すれば止まるのでしょうか。
 納得のいく説明なく、停止した際の影響について検討の形跡もないのでは、「政治主導」のパフォーマンスと言われてもやむをえません。

 政権交替した根拠がカラになった菅政権に対し、厳しく指摘をし、また国民の皆さまのための提案もきっちり行い、働きぬいてまいります。
posted by 高木美智代 at 09:51| 日記 | 更新情報をチェックする