2011年04月18日

被災地のペットに救援物資を!

(26)110406ジョーカー救援物資東京発.JPG(27)110406ジョーカー救援物資東京発.JPG(28)110407ジョーカー救援物資仙台着.JPG

この度の大震災で被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

私は、5年前の「動物愛護管理法」改正以来、党動物愛護管理小委員会の委員長として、人と動物の共生を目指し、動物行政に携わってまいりました。今回の東日本大震災を受けて、以前より親交のあった全国ペット協会・理事/株式会社ジョーカーの瓜生敏一社長よりご相談を頂きました。「被災地の動物たちへ救援物資を送りたいが、輸送手段はないか」とのお話でした。私はすぐに、運搬手段の確保をさせて頂き、公明党宮城県本部とも連携をとり、地元の県議・市議による受け入れ体制を整えさせて頂きました。

4月6日夕刻、東京のジョーカー本社にて物資の積み込みを行い、トラックは仙台へ向けて出発。翌朝、無事に仙台に到着し、現地では、公明党の石橋信勝 宮城県議会議員、しまなか貴志 仙台市議会議員が受け入れに立ち会ってくださいました受け取られた、ペットショップ経営の我妻敬司さんは、届いたドッグフードやトイレシート、ケージなど4tトラック満載の物資を、その後、被災者のペットに配られました。我妻さんからは「被災地の犬たちの元に物資を届けることができ、本当に感謝しています!」とのお話を頂きました。
(4月9日 公明新聞掲載)
posted by 高木美智代 at 16:23| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。