2014年08月17日

登山家・田部井淳子さんと対談

 本日(8月17日)付けの公明新聞1面に、登山家・田部井淳子さんとの対談を掲載して頂きました。

 先の通常国会で、8月11日を「山の日」とすることが決まり、2016年からスタートします。そのことにちなんでの「ビッグ対談」ということです。
 わが党の井上幹事長、漆原国対委員長が法制定をリードし、私も党内閣部会長、衆議院内閣委員会理事として、制定を進めました。

 田部井さんは、小柄な方で、握手をさせて頂いた時のお手も小さく、どこに世界最高峰の山々を登攀する力がおありなのだろうと思ったほどです。エネルギッシュで、明るい、前向きな、そして心配りの素晴らしい方でした。
 がんとの闘病体験等も伺い、改めて、人間の力は無限であることを心に深く刻む思いでした。大いに触発されました。
 私も、自身の可能性をさらに広げながら、急がず、一歩ずつ、あきらめないで、人生の山、仕事の山に立ち向かってまいります。
 

 この夏、50〜60代の方の山での事故が度々報道されています。そのたびに田部井さんの言葉を思い起こしています。
 田部井さんは、「山ガール」と言われる若い世代は、登山に対する備えをしっかりしている方が多い、心配なのは60代であると言われ、以前、登山経験があっても体力は低下している、過信してはいけない、十分な準備とゆとりのある計画を立てて頂きたいとおっしゃっていました。
 帰りの切符も取ることはしません。乗らなければと無理な工程につながるからとのことでした。

 どうか無事故で、自然とのふれあいを満喫して頂きたいことを念願してやみません。
 
 
posted by 高木美智代 at 22:30| 日記 | 更新情報をチェックする