2014年08月29日

北海道・奥尻島の復興を視察

image.jpg
21年前の平成5年7月12日夜22時17分、突然、北海道南西沖地震が発生し、M7.8、震度6、それによる津波やその後の火災発生により、奥尻島を中心に202名の方が犠牲となりました。

ウニ、アワビ、イカなど豊富な海洋資源に恵まれたこの地域は、ユーラシアプレートと北アメリカプレートの境界にあたり、断層の間近であることから、地震の揺れ発生から約3分後に29mの津波が藻内地区を襲っています。3分といっても揺れで1分強は動けず、おさまった直後だったと島の方たちは言います。

その後、国と北海道が全力で復興を支援。町も住民と緊密に連携。被害金額664億円に対し、復興に要した費用は、義援金、公共事業を合わせ1000億円を超えたとのこと。結果、復興は実に早く、地震から5年後には完全復興を宣言されました。

その状況を東日本大震災の復興の参考にしたいと、8月26・27日、衆議院復興特別委員会で視察に行ってまいりました。

漁業の再建のための7.7mの人口基盤、1階をピロティにし津波対策を講じた小学校、防潮堤など公共事業を進める一方、奥尻ワイナリー、アワビの種苗センター(ここでは3センチ大のアワビを5センチ大にまで育てて漁師に出荷)など、活性化策にも努めてきました。

住宅の再建を最優先して、義援金は住民に配ったため、現在の役場は木造2階建て、築52年、町長室は雨漏りする状態で、町営病院も築40年と、今後の課題も残っています。補助金の使い勝手や地方交付金算定のあり方など要請を受けました。

風光明媚で、東京からですと、函館まで空路1時間半、さらに奥尻まで空路で25分です。是非、一度訪れてみてください。

9月1日は防災の日。防災週間が始まります。今一度、わが家の備えを万全に、そして、逃げることを考える機会にしていただければと思います。

image.jpg津波館の隣にある「時空翔」。災害で亡くなられた方々のお名前が刻まれています

image.jpgウニの作業場

image.jpgアワビの養殖。肉厚で軟らかいのが特徴











posted by 高木美智代 at 13:16| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

福島県新地町に3度目の訪問

広島土砂災害で、お亡くなりになられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、行方不明の方々の一刻も早い救出と、避難生活を余儀なくされている方々の一日も早い生活再建を心からお祈り申し上げます。

8月24日(日)の本日、福島県新地町を、若松かねしげ参議院議員(党福島県復興加速化本部議長)、荒木きよひろ参議院議員(同副議長)とともに訪問しました。

新地町には、わが党の地方議員はいません。しかし、震災直後の2011年8月、福島で開催された要援護者支援のためのフォーラムに自公民の議員で出席した折、お知り合いになった方から強い要請を受け、その後、新地町を初訪問しました。

その際、障がいのために避難できず、自宅の石垣まで津波が来るのをじっと見つめるしかなかった方のお宅を訪問。また、漁師さんたちから、船を沖出しして守り、早く操業を再開したいが、港が崩壊している、一日も早い復旧をと望むお声や、避難所になる集会所を作ってほしい、などの多くのご要望を頂きました。

その後、加藤町長に要望を伝え、集会所はすぐに実現。
2回目の時は、避難路の町道が狭く、車が1台が通るのがやっとのため、拡幅してほしいとの要望を受け、避難路を実際に通ってみた上で、町と、国交省、復興庁と協議しました。

今回の訪問では、避難路も複数検討されており、災害復興住宅建設も着々と進み、今年度中に入居を完了できるとのこと。また、念願だった常磐線の新地駅の復旧も進み、平成29年春に再開予定。
さらに、かつて私が個人的に当時の中小企業庁長官に産業復興のためにお願いした支援も、工業団地への企業誘致が好調に進んでいるとのこと。

多くの方たちのお力で進捗している現状に、感謝の念で一杯です。
本当の生活再建、人間の復興はこれからが勝負です。一人の声を大切に、これからも寄り添い、力を尽くしてまいります。
皆様、変わらない復興へのお力添えを心よりお願い致します。
posted by 高木美智代 at 19:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

登山家・田部井淳子さんと対談

 本日(8月17日)付けの公明新聞1面に、登山家・田部井淳子さんとの対談を掲載して頂きました。

 先の通常国会で、8月11日を「山の日」とすることが決まり、2016年からスタートします。そのことにちなんでの「ビッグ対談」ということです。
 わが党の井上幹事長、漆原国対委員長が法制定をリードし、私も党内閣部会長、衆議院内閣委員会理事として、制定を進めました。

 田部井さんは、小柄な方で、握手をさせて頂いた時のお手も小さく、どこに世界最高峰の山々を登攀する力がおありなのだろうと思ったほどです。エネルギッシュで、明るい、前向きな、そして心配りの素晴らしい方でした。
 がんとの闘病体験等も伺い、改めて、人間の力は無限であることを心に深く刻む思いでした。大いに触発されました。
 私も、自身の可能性をさらに広げながら、急がず、一歩ずつ、あきらめないで、人生の山、仕事の山に立ち向かってまいります。
 

 この夏、50〜60代の方の山での事故が度々報道されています。そのたびに田部井さんの言葉を思い起こしています。
 田部井さんは、「山ガール」と言われる若い世代は、登山に対する備えをしっかりしている方が多い、心配なのは60代であると言われ、以前、登山経験があっても体力は低下している、過信してはいけない、十分な準備とゆとりのある計画を立てて頂きたいとおっしゃっていました。
 帰りの切符も取ることはしません。乗らなければと無理な工程につながるからとのことでした。

 どうか無事故で、自然とのふれあいを満喫して頂きたいことを念願してやみません。
 
 
posted by 高木美智代 at 22:30| 日記 | 更新情報をチェックする