2011年06月21日

障害者虐待防止法成立へ識者のコラム

6月14日に「障害者虐待防止法」が衆議院を通過し、翌15日には参議院で可決成立した。

ねじれ国会の中にあって、党派を超えた今回の法案成立に、各界の識者からコラムや社説が寄稿されている。その中で、毎日新聞の6月15日付夕刊に掲載された「熱血!与良政談」(与良正男 論説副委員長)のコラムをご紹介させて頂きたい。

「やる気になればできるのだ」と、ほんの少し国会に希望を持つことにした。障害者への虐待を防ぐため、虐待の発見者に通報を義務づけることなどを柱とする法案が与野党議員の手によってまとまったからだ。

児童虐待防止法、高齢者虐待防止法に続いて、障害者を対象とした施策を……と長く叫ばれながら、05年の郵政選挙など時々の政治の混乱で成立に至らなかった法案。今度もこの国会の間に成立するかどうか、まだ分からない。(※6月15日参議院で可決成立)
でも与野党間がねじれにねじれている今、いくつかの点で大きな意味を持っていると私は思う。もちろん、まずは超党派であることだ。

中心となったのは、民主党の山井和則、中根康浩両衆院議員、自民党の衛藤晟一参院議員、馳浩衆院議員、公明党の高木美智代衆院議員ら。日ごろの政局中心の報道では取り上げられる機会が少ない人たちでもある。

しかし、社会福祉をライフワークとする彼らは、文字通り党派を超えて、折に触れ連絡を取り合い、議論を重ねている。そして、誰の手柄だとか、どの党の功績だとか、大きな声をあげてPRすることもあまりしない。それは彼らが誰のために仕事をしているかを承知しているからだと私は素直に認めることができる。

もう一つは議員立法である点だ。国会は立法府である。そんな話は誰もが知っているけれど、国会で審議される法案はほとんどが政府提出の法案で、それを通すか、通さないかが国会の仕事の大半になっている。野党はもちろん、与党議員でも政府のやり方が不満なのだったら、自分たちで法案を作って政策を実現させればよいのだ。それだけの権限と責任を国会議員は持っている。

もう、結論はお分かりだろう。なぜ、大震災の復旧・復興で与野党が協力できないのか。今後の原子力政策について徹底的に話し合えないのか。中堅・若手の中には与野党共同で取り組もうとしている議員は少なくない。ところが党対党になるとこの有り様だ。菅直人首相はいつ辞めて、新体制はどうなるのか。相変わらず政局中心の報道が続くが、実際には行ったり来たりの堂々巡り状態だ。

誰のため、何のために仕事をしているのかを考えたら、出すべき答えは簡単に出ると思うのだが、与野党(主に幹部)が自分の事ばかり大事にするから前に進まない。メディアも含め、「政局」という言葉をもう忘れよう。(論説副委員長)
≪出典:毎日新聞2011年6月15日夕刊「熱血!与良政談」より≫
posted by 高木美智代 at 09:19| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

「汚泥の放射能」視察調査に

P1060249.JPG
いま、私の元にも放射能に対する不安の声が数多く寄せられています。
マスコミ報道でも連日取り上げられ、全国的にも自治体独自で「放射線量測定」への取り組みが行われています。

私は、最終処分場の汚泥から高濃度の放射性物質が検出されたとのニュースを聞きすぐに(6/15)、都議会議員の木内良明さん、東村邦浩さん、江東区議会議員の佐竹敏子さん、高村(直)さん、小嶋さん、磯野さん、河野さん、高村(き)さん、関根さんとともに、東京都江東区にある都の汚泥処理施設「東部スラッジプラント」(砂町水再生センター)を視察してまいりました。

鎌田センター長から、放射能の測定方法や測定値などの説明を受け、汚泥の処理工程や、プラントから排出されるガスの放射能測定の現場などを視察しました。

バグフィルターという装置を通し、放射性物質を99.9%除去しているため、煙突からの放出への心配は不用とのこと。また、焼却灰は施設内でそのままトラックに積載され、外気に触れることなく、大田区の処理場へ運搬され、セメントと水を混ぜ、埋設処分にしています。

このように、適正に処理がなされていることが確認できましたが、一方では、西東京などでは焼却灰が処理できず“仮置き状態”となっています。
資源化のための基準を国が新たに定めれば処理が進みます。政府に働きかけてまいります。
posted by 高木美智代 at 11:17| 日記 | 更新情報をチェックする

「障害者虐待防止法案」が衆院で可決

「障害者虐待防止法案」が14日、衆・厚生労働委員会の審議を経て、午後の衆院本会議を通過致しました。これまで度重なる意見交換に臨んでくださいました障がい者団体の皆様、関係者の皆様に心から感謝 御礼申し上げます。

衆院通過を見るまでの4年―。2008年に公明党案を作成し、自・公協議を経て、2009年に自・公・みんなの3党で法案を提出。今回、民・自・公の3党合意で通過した法案は、ほとんど公明党案のままです。

この法律は「何人(なんびと)も障害者を虐待してはならない」ことを宣言し、国民に通告義務を課し、社会全体で、自らSOSを伝えられない障がい者を守る、というものです。

私は民・自・公の3党の中にあって「扇の要役」として障がい者施策を前に進めるため走っています。15日には「障害者基本法改正案」を内閣委員会で審議。最後まで全力をあげてまいります。
posted by 高木美智代 at 11:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

菅総理の退陣を求めます!

 昨日、自民、たちあがれ日本と共同で、菅内閣に対する不信任決議案を提出しました。本日午後の本会議で採決される予定で、民主党は党分裂の危機が報道されています。

 なぜ今?とお考えの方もいらっしゃることと思います。

 震災以来、与野党結束して国難に立ち向かってほしいとの国民の方々のお声を受け止め、懸命に政府に要望し、申し入れ、委員会質問等でも現地のお声を反映させてきました。
 しかし、菅政権は聞きっぱなし、反応が鈍い、あまりに遅い対応。このままではとても復興に間に合わない、菅さんでは復興できないと判断したものです。

 地元の公明党議員たちも自ら被災し、なかには高齢者の介護を抱え、避難所を出る必要があるなど厳しい状況下にもかかわらず踏みとどまって、多くのお声を救いあげ、私たちに伝えてくれています。その姿に、全国3004名の議員が、「大衆とともに」との立党精神を胸中深く刻み、一丸となって支えてきました。

 がれき撤去は全額国費でやるべき、学校の表土の除去措置も国費で、東北の高速道路料金も復興の為に無料化を等々、実現している政策の大半は、公明党の主張によるものです。

 しかし、被災から84日。いまだに10万人の方が避難所生活をされ、義捐金も被災者生活支援法に基づく支援金も支給が遅れています。これから梅雨や暑い夏を前に、生活再建を考えようにも手元にお金がなく、それどころか「食べていけない」という悲鳴を聞いています。
 また、がれき撤去などの復旧すら遅々として進まず、放射能汚染されたがれきの撤去は方針すら決まっていない現状です。

 公明党は3月15日、震災担当大臣を置き、復興庁を設置し、省庁の規制の壁を取り払って対応すべきと提案しました。にもかかわらず、政府の復興基本法案の提出は、中身がないにもかかわらず、震災から63日目。阪神淡路の時は、36日目には成立させています。

 政府は復興計画作成は、復興構想会議の結論が6月末に出てから、と丸投げ状態。すでに県・市町村は計画の策定を進めています。

 被災者目線なく、必死な姿勢なく、スピード感のないパフォーマンスだけの菅総理には辞任頂き、一日も早く与野党が力を合わせて復興に取り組める体制作りを構築すべきと考えます。 



 
posted by 高木美智代 at 10:37| 日記 | 更新情報をチェックする